ワンちゃん、ネコちゃん、ウサギさんを大切にお世話いたします。シッティングの様子やご予約状況など載せています。
「○○の秋」と言えば
2011年08月31日 (水) | 編集 |
ワンちゃん、猫ちゃん、ウサギさんの楽しみの一つに「食べること」がありますね。
実りの秋はついついオーナー様と一緒に普段は食べないオヤツを、
おすそ分けすることが多くなるご家庭も多いと思います。

ネギ類、チョコレート、香辛料などは「食べてはいけない食べ物」としてご存知の方も多くいらっしゃると思いますが
ネギ中毒は日本犬に特に多く見られるのでご注意くださいね。
ホワイトチョコレートは中毒になりにくいそうです。

最近では「干しイモ」「発酵中のパン生地」を食べたことにより
腸内でガスがたまり亡くなってしまうケースが増えているようです。
サツマイモやカボチャなど繊維質の多い食品にも気を付けてあげましょう。

ブドウも腎機能に作用し中毒を起こすことがあります。
水分の少ないドライレーズンは特に注意しましょう。

おいしいものを、ほんの少し
毎日の安心と安全とHappy LifeをANIMAL FIRSTがお手伝いいたします。
スポンサーサイト
国産だから安心?
2011年06月28日 (火) | 編集 |
ペットフードには「国産」と書いてあるものがあります。
多くのオーナー様は国産=安心・安全と思ってしまいがちですが実はこの表示だけでは
原料が国産とは限らないんですよ。

ペットフードの表示に使用できる「国産」とは最終加工をした国を表記することになっています。
外国のお魚を日本で加工しても表示に嘘偽りがないんです。

オーガニックフードがいい?
オーダーメイドがいい?

大きな袋はお得
いつものフードなのに◎◎で買ったら半額以下だった
何が違うの?

ペットフードで迷ったらご相談ください
わかりやすくアドバイスいたします
ペットフードの添加物
2011年05月28日 (土) | 編集 |
ドライ・セミモイスト・ウエットフード
ワンちゃん、猫ちゃんのフードの水分量で名称は変わりますが
どれも開封した瞬間から「酸化」が始まります。

酸素に触れてフードの品質や風味を損ねてしまうのでワンちゃんの食欲が落ちたり、フードが傷んでしまいます。
これを防止するのがペットフードに含まれる酸化防止剤
国ごとに使用する酸化防止剤の種類や許容量に違いはありますが日本は特に規制が厳しいので
酸化したフードを食べ続けるよりも酸化防止剤を含んだフードを食べたほうか安心ということになります。

フードに含まれる栄養素を補給する成分もまた「添加物」と称されるものがあります。
それぞれのフードに必要な栄養素を補うため、栄養バランスを考えて必要なものを添加するんです。

必要ない添加物の代表的なものが「着色料」
ワンちゃん、猫ちゃんは色でおいしさを見極めません。
見た目の良さはオーナー様を意識しているからなんです。

カビが生えないドッグフードは添加物をたくさん含んでいるから
なんて時々聞きますが
水分量が少ないドライフードはカビが発生しにくいだけなんです
保存方法が悪ければ添加物が入っていてもカビは発生しますし
そもそも「防かび剤」を添加したフードは出回っていないはず。


添加物の中身
パッケージをよく見て必要なもの、そうでないもの
オーナー様が選んであげてくださいね
テーマ:犬猫のいる生活
ジャンル:ペット
ペットフードの添加物・国産表示に惑わされないで!!
2011年05月26日 (木) | 編集 |
添加物不使用・国産
パッケージに書いているとなんとなく安心・優しいとイメージして手に取るオーナー様も多いと思います。

でもちょっと待ってください

添加物=体に有害と思ってはいませんか?
国産=原料が国産と思ってはいませんか?

一言で添加物と言ってもたくさんの種類があるんです。
国産と表示してあっても原材料が国産とは限りません。
次回は添加物無添加と国産について詳しくお話します。

ANIMAL FIRST
テーマ:犬猫のいる生活
ジャンル:ペット
ペットさんのお水
2011年05月24日 (火) | 編集 |
水道水の放射能汚染の影響で
ペットさんの飲み水を心配するオーナー様が増えました。
ミネラルを豊富に含む水はペットさんにとって
身体に悪影響を及ぼすことがありますので注意が必要です。

ペットさんが1日に飲みきる量のペットボトルに
水道水を満水にして空気が入らないようにして
キャップを閉めて冷蔵庫で1週間保存するとヨウ素は約半分になります。
飲ませるときは常温に戻してくださいね。

ペットボトルを7本用意してキャップに番号を書いておくと
順に1週間経過したものから飲用できますよ。

ANIMAL FIRST
テーマ:犬猫のいる生活
ジャンル:ペット