ワンちゃん、ネコちゃん、ウサギさんを大切にお世話いたします。シッティングの様子やご予約状況など載せています。
葉っぱのついたニンジン
2017年11月11日 (土) | 編集 |
うさぎさんと暮らしているお客様から
新鮮な葉っぱ付きのニンジンをもらいました。

ニンジンが大好きな我が家のうさぎ、
普段はスーパーで山積みされている安いニンジンしか、
食べたことがないので食べる前に慎重にチェックしていました。

IMG_20171111_203629.jpg

そこへ末っ子がやってきて…
葉っぱが揺れたら猫じゃらしのように遊びます。

IMG_20171111_203359.jpg

結果

ニンジンを奪い合うウサギと猫の
静かな戦いが始まりました

〇〇様へ
とびっきり新鮮なニンジンをありがとうございました。
ちょっと早い10歳のお誕生日プレゼントになりました。
美味しい野菜を食べたので長生きできそうです。

その日の夜ウサギは、
柔らかい葉を好んで食べていました。
ワンコたちは生のスライスしたニンジンをポリポリ。
ニャンコたちは葉っぱを猫じゃらしに。
みんなでシェアしました(/・ω・)/

アニマルファースト 渡部
***********************
ご予約状況⇒クリック
初めての方のお問い合わせ&お申し込みはコンタクトフォームへ
***********************
スポンサーサイト
年の離れたきょうだいがいると長生きする?
2017年10月24日 (火) | 編集 |
最年長のお客様で紹介した
ニャー美ちゃん、みいこちゃん、こげ美ちゃんの
3姉妹にゃんちゃんず!!
次回のご予約を頂き近い再会を楽しみに過ごしています。

その記事でも少し書いたのですが
「年の離れたきょうだいがいると長生きする説」
を今回は考えてみました。

最初にそのことを聞いたのは、まだシッターになる前のことでした。
(遡ること15年くらい前)
溺愛する三毛猫の元へ8歳年の差があるダックスを迎え
今後想定される全てのトラブルに備えようと
マンツーワンで訪問指導をしてくれる訓練士さんと出会いました。
相性ピッタリでワンコの才能を開花させてくれたことを信頼し、
その訓練士さんに、もうひとりワンコを迎えたいんだけど…と
相談したところ年の差があったほうがいい
アドバイスされました。
でも可愛くて楽しくて毎日が幸せで
もうひとり増えたら絶対にもっといいはず!!と2歳差でワンコを…

10数年後
長女の猫は2年近いがん治療に耐え19歳7か月で旅立ちました。
長男のワンコは後を追うように長女を見送った8か月後に12歳で。
次女のワンコも10か月後に10歳という若さで。

悲しみに暮れる毎日の中で訓練士さんに言われた
年が近いと別れも近い
体調を崩すのも同じくらいで介護も大変
年が離れていると若い子が来ることが刺激になって若返る

そう言われたことを痛感しました。

シッターをするようになって
ワン友、猫友の繋がり以上にたくさん触れ合う機会に恵まれた今
シッターとしてもそう思うことが多くあります。
猫ちゃん同士
ワンちゃん同士
なんと同じケージで暮らすのが難しい
ウサギさん同士でも
もちろんそれ以外の組み合わせでも
年の差が離れている上のしっぽさんたちに
長生きの子が多いです。

相性や迎える種類もあるかもしれません。
迎えたくても住宅環境で難しいかもしれません。
でも「もうひとり」と思っているのなら
このお話をどこかで思い出してほしいなと思いました。

一気に代替わりした今
我が家にはもうすぐ10歳になるウサギと
2歳と1歳のワンコと
生後7か月と4か月の子猫がいます。
自分の年齢や経済状況を考えて
下の4しっぽは覚悟を決めて迎えたので
この子たちには長生き競争してもらう気持ちでいます。
もちろん元気で長生きで。
そして老後にどの程度の治療をするかの限界も考えています。
QOLを最優先に!!

おじいちゃんウサギは先の子たちも
今の子たちも全員知っているレジェンドです。
もちろんこの子にも長生きしてもらいたい。

仲良しだったきょうだいが次々に旅立ち
すっかり沈んでいたウサギが
子猫たちを迎えたことで
スーパーシニアウサギに変身しました。
いまビックリするくらいよく走りよく食べます。

生まれながらに超分離不安症だった
2歳のワンコはきょうだいがふえたことで
目覚めから絶好調で
お留守番がとても上手になりました。

たくさんいれば食費がかかります
健康でも健康管理のための費用が掛かります。
みんなのお世話をする時間もかかります。
それ以上のものやことを、この子たちからもらっています。

ひとりっこなら独り占めできることが
長居順番待ちになることもあります
静かに過ごしたくても
そうはいかないことが多いです

メリットもデメリットもあるけれど
年の差が離れた子を迎えると
長生きする説はやっぱり本当の気がしています。
いつか年の近い子を迎えると
こんないいことがあるよ説も書けたらいいなと思います。

IMG_20170814_233027.jpg
1508816837392.jpg
IMG_20171022_175243.jpg
我が家のNEWしっぽーず
ようやくブログでお披露目です


アニマルファースト 渡部
***********************
ご予約状況⇒クリック
初めての方のお問い合わせ&お申し込みはコンタクトフォームへ
***********************
ペットの同行避難に関するイベント
2016年05月03日 (火) | 編集 |
黒柴はなちゃんのお家の方からイベントのお知らせが届きました!!
いざというときのために、ぜひ!!!
5/22まで開催しているそうです。

いぬと、ねこと、わたしの防災
『いっしょに逃げてもいいのかな?』展

http://www.setagaya-ldc.net/program/325/

ちなみに、はなちゃんちの玄関には
はなちゃん用の非常持ち出し袋が常備されています。
出番がないことを祈りつつ
万が一の時は、はなちゃんと一緒に持ち出すお約束をしています。
かわいくてしかたないでしょう
2015年10月06日 (火) | 編集 |
オフにうちの子とお散歩していると
出会った方に「可愛くて仕方ないでしょう」とよく言われます
即答で「ハイ」と答えますが
知らない人が思わず話しかけるほど
かなりデレデレでお散歩してるんだと思います

いくつになっても何年たっても可愛いものは可愛いし
溺愛っぷりは自覚しています


2015-06-20.jpg


2015-08-04.jpg


でも実は…シッティングでもよく言われます
ワンちゃんのお散歩中に!!
もちろん即答で「ハイ」と答えます。
お客様のワンちゃんだって同じようにかわいいのです。
シッティング中は大事な大事な私の家族ですから!!

誰も見ていなくたって可愛いんです。
可愛くて仕方ないんです。
だから猫ちゃんもウサギさんも同じです。
可愛いねー。
あー可愛い。
私がそう話しかけます。

可愛くって仕方ないんです。
溺愛しまくりです。
ブログで紹介しきれていないお客様
時間を見つけてUPします
お待たせしてますm(__)m


ペットシッター 渡部
***********************
ご予約状況⇒クリック
初めての方のお問い合わせ&お申し込みはコンタクトフォームへ
***********************
悪性リンパ腫と1年8か月
2014年06月12日 (木) | 編集 |
まだ携帯電話もパソコンも一般的に普及していなかった時代
田舎では猫は自由に家を出入りするのが当たり前でした
ペット可の賃貸もない時代に内緒で迎えた子猫を溺愛するあまり
外の景色を楽しませたいという気持ちから一緒に出かけるようになりました。

気が付けば子離れできない母になり、
理解ある上司のおかげで普通の会社にもかかわらず不定期に同伴出勤
近所のコンビニから数泊の旅行まで車で行けるところはどこでも一緒でした

車に積んだ食器とトイレ
我が家の猫にとってはキャンピングカー状態で
それがあったからこそ今回も帰省ができたのだと思います

もし移動中や帰省先で心臓が止まったとしても
原因は悪性リンパ腫か移動の疲労やストレスかの判断は難しい
だけど行かないで後悔するのなら体力が残っている今のうちに
掛かりつけの獣医師の言葉も後押しになりました

a1.jpg
帰省の数日前から食欲が増して活発に動くようになった長女
運転中にニャーンとないて休憩のリクエストです
高速道路のSAで排泄とお散歩
どんなに人がいても他のワンちゃんがいても気にせず
けっこうな斜面もグイグイ登って元気度を目いっぱいアピール


a2.jpg
6歳の次男は今回が初めての旅行です
全員そろっての旅行はこれが最初で最後だと思ったので
リスクも承知で連れて行ったのですが大喜びで
バスツアーの団体客に愛想を振りまいてました

実家でも初めての場所とは思えないくらい
良く走って遊んでオヤツをねだり
眠くなると上手にトンネルを作ってスヤスヤ
用意してくれた段ボール箱の出番はほとんどありませんでした


a3.jpg
実家での記憶はしっかりと残っていて
ヨタヨタしながらも階段をのぼりお気に入りの場所を確かめると
ストーブの前でスヤスヤ
毎日の当たり前の行動のようにとても自然でした


a4.jpg
甘エビの3倍くらいの大きさのエビのお刺身をモグモグ
食べ過ぎて吐いたら困ると1匹だけで下げてもらったところ
私の見ていないスキに母の所に行っておねだりしていたそうです

好きなものを好きなだけ食べていい最後の晩餐に近い状態で
帰省中に10匹は食べたのではないかと思われます
イカのお刺身もかなり食べてた…


a5.jpg
子猫のころから実家が大好きで、おじーちゃん&おばーちゃんが大好き
まだ元気だったころは、どんなにコッソリ準備しても帰るのを察して
どこかに逃げたり隠れたりしていたのですが
さすがに今回はもう体力がないため逃げたり隠れたり走ったりできません

抱っこして車に乗せて荷物を運んでいると
いつの間にかストーブの前に戻って寝ていました
連れて帰るのが申し訳ないくらいだったけれど
元気ならまた来るからと言い聞かせて車に乗せました

これまでは全員がキャリーやクレートに入っていましたが
今回は体調の急変に備えて助手席に
15センチほどの低反発クッションと落下防止の用意をして
とにかく慎重に運転です


a6.jpg
2時間ほど走行して休憩しようと思いましたが残雪で寒い!!!
睡魔が消え、みんなも車から降りず…


a7.jpg
更に1時間くらい走行すると桜が満開
数時間で冬から春へと季節の移り変わりを楽しめました
助手席チームはセンターを時々交代しながら、ひたすら寝ています


a8.jpg
はい 着きましたよ~
ひとりずつ抱っこしてSAの公園へ
一番最後の次男を下ろす頃には長女がストライキ!!!

帰りたくなかったのに…
もう動きたくないの…
伏せてピクリともしません
排泄もせず
お水も飲まず


a9.jpg
その後も長男に抱きしめてもらうようなスタイルになったり
支えてもらったりしながら寝ています
2泊3日はスケジュールがきつ過ぎて疲れたのかな
休憩のリクエストもないので、ひたすら走行

あと1時間くらいで帰宅出来そうかなと思ったころに
パッと起き上がりぎゃおーーーーーーんと叫ぶと
なんと3列シートまで移動してシッカリ排泄を済ませていました

体力が残っていたこと
トイレを置いていた場所を記憶していたことに驚きました

その後の検診ではなんと体重が100g増加していました
悪性リンパ腫になって1年6か月後の生存率は10%と言われているそうです
その10%に残って体重が増えて片道8時間の帰省もした長女
もう思い残すことはないどころか
もう1回おじーちゃん&おばーちゃんに会いに行くとばかりに
体調に波はありますが今日も何とか穏やかに暮らしています

おじーちゃん&おばーちゃんへ

3年ぶりで年を重ねた姿を見ることになるかとドキドキしていましたが
ふたりとも若々しく元気で過ごしてくれて安心しました
大勢で押しかけて、あっという間に帰って慌ただしかったと思いますが
もし成人の日を祝うことができたなら
来年の春も全員で帰省するので楽しみに待っていてください。

え~ また来るの~ なんて言わないでね(((笑)))


シッター 渡部
***********************
ご予約状況⇒クリック
バイトスタッフ募集⇒クリック
***********************
テーマ:犬猫のいる生活
ジャンル:ペット